かやぶきの郷薬師温泉 旅籠は群馬県の草津・四万温泉に挟まれた旧草津街道沿いの温泉旅館です。

EnglishKoreanSimplified-ChineseTraditional-ChineseThai

Tel:0279-69-2422大人数でのご旅行もご相談ください

トップページ > 郷のご案内 > かやぶき家屋

かやぶき家屋

かやぶき家屋とは

かやぶき家屋とは茅(ススキやチガヤ)を材料にして葺いた家屋。かやぶき屋根はもっとも原始的な屋根とされ、約1万6500年も昔、縄文時代には茅を用いた屋根だけの住居が作られていたと考えられています。通気性・断熱性に優れる、雨音が小さいなどの長所を持ち、古くより日本人の暮らしを支えてきました。

【かやぶき屋根の形】
かやぶき屋根の形式は、本を少し開いて伏せたような「切妻造り」、屋根面が四方にそそぐ「寄棟造り」、切妻造りの屋根に四方に廂を茸き下ろして一つ屋根とした「入母屋造り」の3つが基本形態です。

濱田邸

【合掌入母屋造り】
人間国宝の陶芸家、濱田庄司の次男濱田晋作氏が親子の居宅として昭和48年(1973年)に、益子焼で知られる栃木県益子町に建てられました。その家を、平成11年から2年がかりでそっくりそのまま移築したかやぶき家屋。
現在では濱田晋作の力作展示ギャラリー併設。また、旅籠ご宿泊のお客様の「夕げ処」として、囲炉裏を囲み本格的な炭火・囲炉裏料理を楽しめます。

▼詳しい説明を開く/閉じる これほど壮大な木造平屋建てのかやぶき家屋は全国に例を見ないほどで、末広がりを願って母屋の広さは88坪となっています。
陶芸家より木工作家になりたかったという晋作氏が、設計から木材選びまで費用も時間も手間暇を惜しまず、想いを込めて建てたといいます。
正面玄関入口の「ケヤキの間」は、大黒柱が13寸各(40cm)、都柱は1尺角(30cm)、床板は幅3尺3寸(1m)、長さ16尺5寸(5m)、厚さが6cm以上あるムクのケヤキ板5枚がさりげなく使われ、見る人を圧倒。何百年もの歳月を生き抜いてきた名木ばかりを集めて自然の形のまま生かして組み上げ、水平な梁は一本もなく、木肌や木目が絶妙。かやぶきの棟木までは高さ18mで、カヤとワラと竹を白縄で組み上げています。
ケヤキやヒノキ、スギなど日本の木の特徴を熟知した氏の美意識がそのまま映し出されており、かやぶき家屋の最高傑作の一例といっても過言ではありません。この家で庄司、晋作親子をはじめ、バーナード・リーチ、棟方志功らなど、国内や海外からの文化人、訪れた多くの民芸運動家たちが熱い談義を交わしたというエピソードが残っています。濱田邸は新しい文化運動の発信地でもありました。

出羽の国 紺野家

【合掌入母屋造り切妻屋根天窓付】
安永時代(1772~1779年)から9代続く旧家で、山形県米沢市の北、最上川の中流の小高い台地にあったかやぶき家屋。出羽国米沢藩主で藩政改革をすすめた名君、上杉鷹山(1751~1822年)を慕って庄屋となり、戦後、農地解放するまで大地主が家主。7代当主の久五右衛門が明治時代の初期に建て替えたものを移築しました。

▼詳しい説明を開く/閉じる かやぶき家屋には珍しい3階立てで、1階約66坪、2階約23坪、3階約40坪と規模も雄大。屋根には3m以上もある「風返し」をのせ、天窓が大きく開きます。2、3階は蚕室で、いつも10人近い使用人が精を出していたのを9代目の陽一氏は記憶していたそうです。 大広間は鴨居の上まで二段障子で、随所に組み込まれた「ますかけ」が粋で、さらに白い和紙がうまく取り込む光は、天窓の明かりや障子と共に、四季折々の明かりを演出してくれます。

南部曲がり屋 木村家

【曲がり屋】
信州、諏訪湖一帯の豪農の末裔が420年前の天正時代(1573~1591年)に、秀吉との戦いに敗れて蔵王連峰の山奥まで落ちのび、最上川の上流、萩生川の川ぞいに居を構えたのがこの木村家です。
現在、内部には明治初期に作られた重量1,500kgの大金庫とご神体のえびす大黒が据えられた「薬師願所」や畳敷きのお休み処があります。

▼詳しい説明を開く/閉じる 棟木に残されていた棟札(建築記録)によると、安政2年12月(1855年)、裏山のスギやクリ、ケヤキで建てられ、長さ10間(18m)ある梁はスギの木を切り倒して、そのまま通し材として木組みされています。二層になっており、住居部分だけで広さおよそ59坪(約197m2)ありました。

小林家

【入母屋造り】
明治3年(1870年)群馬県吾妻郡名久田村(現在の中之条町)大字横尾に江戸時代に名主(村の行政を任されていた)を務めた小林清右衛門が建て、明治から昭和にかけてその息子と孫が代々村長を務められました。
典型的なかやぶきの「田の字型」の農家の造りで農業と養蚕を営み、平成10年(1998年)まで住居として使われ、平成17年に薬師温泉旅籠に移築しました。現在は囲炉裏のお食事処として、お客様にご利用いただいております。

郷のご案内

見どころ
本陣
薬師温泉長屋門
かやぶき家屋
せせらぎ館
やすらぎ館
時代もの古民具展示
その他の見どころ
ご休憩
蕎麦匠房 まくらぎ
甘味処 蔵戸
お買物
からだ応援団本舗
ふぞろいの野菜たち直売
遊印工房天絵
遊び
そば打ち体験
薬師バー
サービス
ポチとニャンコの家
七五三撮影プラン
写真・動画
インドアビュー
フォトギャラリー

宿泊日からプランを探す

ご宿泊日
月 
ご宿泊日数
ご利用人数
名様

↑ PAGE TOP