Loading...

かやぶきの郷薬師温泉 旅籠

  • tel:0279-69-2422 大人数でのご旅行もご相談ください
  • 交通アクセス
  • ご宿泊予約
トップページ > イベント案内 > さつき祭
さつき祭
さつき祭

端午の節句は立身出世を願う男の子の節句とされ、身を守る「鎧」や「兜」を飾り、「こいのぼり」を立てて男の子の成長をお祝いします。
かやぶきの郷で端午の節句にちなんだ「さつき祭」をぜひお楽しみください。


端午(たんご)とは

「端」は物の端、つまり始まりという意味で、「端午」とは元々月の始めの牛の日でした。「牛」は「五」に通じる事から毎月5日となり、その中でも数字の重なる5月5日を「端午の節句」というようになりました。 また、「端五」が誤って「端午」とひろまってしまったなど、諸説あるようです。

由 来

古来日本には、男性は戸外へ出払い、女性のみが家中に篭って田植え前の穢れを祓う儀式(五月忌み)という風習があり、これが中国から伝わった端午(野に出て薬草を摘んだり、菖蒲湯につかって邪気を祓い健康を祈願する風習)と結びつけられました。 つまり端午の節句は、わが国では女性のための催しだったのです。

発 展

日本で記録に残る最古の端午の節句は、611年の薬猟(くすりがり)。薬猟は陰暦5日5日に山野にて薬(初期は鹿の角、後に薬草)を採取する行事でした。 平安時代には五節会(元日、白馬、踏歌、端午、豊明)の一つとされ、清少納言は「枕草子」の中で、 「節は五月にしく月はなし。菖蒲、蓬などのかをりあひたる、いみじうをかし」 と端午の節句を称えています。 鎌倉時代頃から、「菖蒲」の音が「尚武」と同じである事、また菖蒲の葉が剣に似ている事などから、端午は男子の節句とされました。 鎧、兜、刀、武者人形、金太郎を模した五月人形などを飾り、鯉のぼりを立てるのが一般的なスタイルとなっています。

お飾りの意味

鎧 兜 :男子の身体を守護するもの
鯉のぼり:黄河の竜門と呼ばれる滝を、たくさんの魚の中で鯉だけが登り切り竜になったとされる後漢書の故事より、「鯉の滝登り」が出世の象徴とされた事から由来する。

  • tel:0279-69-2422 大人数でのご旅行もご相談ください
  • 交通アクセス